2011年06月25日

地震・原発を契機に人々の意識はどう変わるか?【8】人々はいつものを考え始めるのか?

TKY201104010473.jpg
エコタウン構想を語る首相 それで良いのか?画像はこちらから
地震・原発を契機に人々の意識はどう変わるか?シリーズ第8弾です。
 
【1】:原発問題の本質は特権階級の無能と暴走 
【2】:次々と明るみに出る特権階級の暴走ぶり 
【3】:試験エリートの無能とえげつなさ 
【4】:特権階級の暴走は今後も続くか否か?(マスコミ支配との綱引き)
【5】:充足基調(女原理)から実現思考(肯定発の男原理)へ
【6】:脱自由市場化が進む?
【7】:遊びの失速は何を意味しているのか?
震災を契機に人々の意識がどう変わったのか?を追求しているシリーズですが、前回、私権秩序の崩壊から遊びの失速が急
進し、今や共同体再生に向かう様子を見てきました。確かに原発にしても被災地復興にしても、今やるべきことが大量にあってどんな人でも「何とかせねば」と思っている昨今です。そこで今回は、「日本人はいつ物を考え始めるのか?」について考えてみたいと思います。
特に東北大震災は、インター・ネットやソーシャル・ネットワークなどが既に相当発展している現在におきた震災であり、こうしたツールが震災によってどう変わってきたかを検索し情報を拾ってみました。
その結果見えてきたのは…。

にほんブログ村 政治ブログへ


①SNS利用の急増(震災後のネット利用拡大から見えてきた3つのトレンド
その結果として
 ①-1 拡散希望と謳ったデマの横行
 ①-2 ヤシマ作戦、ウエシマ作戦などと謳った「運動」を促す交信(地震で広がるネット草の根運動)
②震災関連のニュースの情報源のトップはテレビ(「震災後の被災地支援および価値観の変化」に関する調査結果
 同じくネットでは新聞社サイトが急伸(東日本巨大地震発生で、新聞社サイトのPVが急伸
で、SNSが活躍する一方、情報源は相変わらずの大手マスコミだったこと、情報の送受信に使われるSNSも何らかの意識潮流と言うには断片的な利用に留まっていることなどが紹介されています。
そんな中で一つの事例をご紹介します。
世界中が祈りはじめた日
このprayforjapan.jp地震発生後、インターネットに投稿された心温まるつぶやきのメッセージの数々は、震災や原発で折れそうになる人々の心を奮い立たせるに十分過ぎるほどの「相手発」「充足発」の言葉です。今回の危機を乗り越えるにはいつも以上の活力が不可欠です。そしてその活力源は、苦しんでいる、闘っているのは自分だけではない、他にも大勢の仲間が居る、そうしたいろんな仲間との充足のイメージだと思います。
6/27なんでや劇場レポート「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。’10年代はそれだけで勝てる

共認時代に必要とされる能力は何か?
共認力(共認形成力)であることは言うまでもないが、その中身は、周りの期待や課題をキャッチする受信力・期待や課題の本質を掴む照準力である。そして、共認力の母胎となるのは周りとの共認充足であり、それこそが共認時代の活力源なのである。
本来、人間関係は充足の素であり、健全な人は人間関係をプラス視している

周りとの共認充足を顕在化させたのが先の「心温まるつぶやき」です。
そして上記のネット利用の変化の記事からは読みとれませんが、この間明らかにマスメディアとネットが異なっていると指摘する方もいます。
ゲストが語るメディアのこれから

今回の福島原発の問題では、事故発生直後から、政府、東電、保安院がバラバラに会見を行ない、発表が随所で食い違っていましたが、共通していたことは、「メルトダウンはありえない」「順調に冷却している」「健康に害はない」という3点でした。
しかし、ネット上で海外メディアの報道を見ると、多くの媒体が「メルトダウンの可能性」を指摘した上で「チェルノブイリを超える汚染の可能性」にも言及しており、国内の報道とは大きな温度差がありました。
また、テレビには、俗に「御用学者」と呼ばれている大学教授や専門家ばかりが出演して「原発は安全だ」「放射能は恐くない」と繰り返していましたが、ネット上では、中立の立場の学者や反原発の立場の専門家などの正反対な見解も読むことができました。
そして、事故から2ヶ月後、アメリカとの合同モニタリングで、チェルノブイリを遥かに超えた汚染エリアがあることが分かり、事故から2ヶ月半が過ぎた5月下旬、東電は、ようやくメルトダウンを認めました。
この間、テレビや新聞だけしか見ていなかった人たちの多くは、政府や東電の発表を鵜呑みにしていたわけですが、ネットを活用している人たちは、別の角度からの見解にも目を通すことができ、より多くの情報を得た上で「自分で考えて判断する」ということを行なっていました。
結果論で言えば、政府や東電は「嘘の情報」を流していたわけで、ネットを活用していた人だけが「リアルタイムで正しい情報に触れていた」
ということになります。
こうしたインターネットメディアの役割は、とても大きかったと思います。

ここでのゲストはきっこのブログで有名なきっこさんです。
ここで注目すべきは、「自分で判断する」ときっこさんが仰っていることで、これは、政府やマスコミの情報がもはや信用できない、それがこの国の現在の状況である、ということです。
特にどうする?を考えれば考えるほど、;”>「日本は大丈夫か?」という不安も大きくなります。少し考えれば、国の指導者層があまりに何も考えていないことが分かってしまうからでしょう(恐らくネットをあまり活用せず、政府の発表やマスメディアの報道を中心に考えている方々も実はなかなか不安が消えない、とも思います)。
結局、不安→何とかしたい、と思うのは必然で、その答えを見つけるためには、充足を基盤とした考える力=観念力と、考えた事柄をやり取りする協働者=仲間が不可欠です(きっこさんは「自分で」と仰っていましたが、実際には実に多くの意見や情報を見なければ判断できません。そうすると、これはもう一人でできることではなく、同じように感じる人々みんなで取り組むべき課題ということになります)。
とは言え、今人々が主に考えているのは、「自分には何ができるか」だと思います。その結果、節電、寄付、ボランティア、反原発など、実際に行動に移す人々も相当数居ます。しかし、この先の日本をどうする?ということには、多くの人が敢えて目を向けない(考えようとして居ない)ようにも見えます。何故、考えないのでしょう?
①考えなくても生きていける
②考えても実現性に乏しい答えしか出ない=答えが出せない

①は、既に成立しなくなりつつあります。このまま放っておけば又何時今回のような天災→人災が起こってもおかしくありません。
既にこの国は国民の生命の安全を保持できていないことが今回の震災で明らかになってしまいました。
そしてこのことには多くの人が薄々若しくははっきりと気付いているはずです。だとしたら、考えない一番の理由は②となります。
では、何故考えても実現性に乏しい答えしか出ないのでしょうか?
それは、この国の仕組みが特権階級に都合よくしかもよそから容易には変えられ無い様に硬直的に作られているからです。
仕組みの運用や仕組みづくりを独占してきた排他的な国家運営はこの震災でも特に変わった様子がありません。そればかりか、より酷くなるばかりです。
2.jpg
一杯作って…。何かの役に立ったのでしょうか?画像はこちらから 
例えば、
総理大臣は、自分のこと(後どれだけ総理で居られるか)しか考えていない。
官房長官は「直ちに健康に影響はない」と嘘を言う。
東大出の官僚は、「想定外」などと誤魔化しつつ、曝け出された自分の無能に自分だけが気付かない。
マスコミは、政治家の失態や被災地の様子など「分かりやすい」「得やすい」情報しか報道せず地震報道はどの局も同じ内容と批判される。

首相の長期続投8割望まず
http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_pol_cabinet-support-cgraph 
 
これらをマスコミは滔々と報道し、人々の嫌気にも気付く気配すらありません。彼ら統合階級は、制度を守ることが仕事とばかり様々な制度を温存させようとします。普通の人々がどうしたら良いかを考えようにも、制度は複雑化し、情報は秘匿され、提案は一笑に付される始末では、誰も答えにたどり着くことなど出来ません。実は人々をこうした考えられない状況においておくことも彼ら統合階級の仕業であるとすら思えるほどです。
こうした政治家、官僚、学者、マスコミなどに対して、我々普通の人々の突破口はどこにあるのでしょうか?
それは今最も弱体化している政治家ではないか、と思います。彼ら政治家の言うことは、今や誰からも信用されません。本来なら国の援助を最も必要としている被災地の首長でさえ「関係ない」と言い切っています。
内閣不信任案:被災地の首長、冷めた目

sakurai.jpg
画像もこちらから
 
実は、こうした役に立たない政治家を一掃し、新しい政治勢力を作ることが、今後の日本をどうする?の答えにたどり着く一つの道ではなかろうかと思います。政治を入れ替えることによって実現される新しい社会システム=原発の無い日本、利権の無い日本、マスコミの無い日本、東大の無い日本、官僚のいない日本、が、この国の一つの答えであり、これを実現するのが新しい政治の力であろうと思います。
こうして、人々が物を考え始める基盤は出来つつあり、(好ましくは無いけれど)この国の危機と統合階級の驚くほどの無能ぶりによって顕在化したと言えるでしょう。ここで、より鮮明に物事を考えられるように課題意識を新しい政治勢力へとより具体的に収斂させてみてはどうでしょうか?
これは、「もはやどうにもならない」「自分たちでなんとかせねばならない」という意識の表れであろうと思います。

List    投稿者 saito | 2011-06-25 | Posted in 未分類 | 12 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/06/2008.html/trackback


コメント12件

 unimaro | 2012.05.14 20:34

お疲れ様です。
試験エリートのもうひとつの(彼らにとっての)利点は、「お前達は他の奴らと違うんだ」と、身分格差を植え付け、権力層から格差を恣意的権力づくで作っていく素地を作りだした出せた、というとこではないでしょうか。(今更だけどw)
そいつらを矯正することは可能だと思いますか?
だとしたら、どうやれば現実的に可能なのでしょうか?

 unimaro | 2012.05.15 20:29

再度しつれいします。
なんか、無意味なこめんとを多く送りつける者(たち?)がいるようですが、それに「規則性」があるようにも見えますね

 通りがけ | 2012.05.18 1:33

憎むべき反人道ユダ金「フロンティアスピリット」
さて、マッカーサーですが「老兵は死なず。消えゆくのみ」という意味不明の妄言で有名です。いずれにしても死ぬまで自分自身を「兵士」すなわち武器を使って殺人することで食べていく、まさに銃で先住民を殺戮し土地を略奪した建国以来の「フロンティアスピリット」の権化であるアメリカ人を自認していたことがこの妄言からはっきりと判ります。
幕末に黒船で日本に大砲を向けて浦賀来航したペリーもアメリカ海軍提督でした。ペリーもまさに「兵士」フロンティアスピリットの塊でした。そのときすでにアメリカ本土で先住民を虐殺し略奪し終わったフロンティアスピリットの止まることのない虐殺略奪欲は、新たな獲物を求めて英仏蘭西諸国が先行侵略していた東洋の大国清へ狙いを付けていたのです。これはペリー艦隊が浦賀へ現れる前に清国沿岸のインドネシア~フィリピン~沖縄を回航していたことから判ります。清国から植民地を奪い取ろうとして出撃敵地偵察したが、先行したヨーロッパ勢の軍備が固いのでいったん撤退して、まだ先行国の無い日本を軍事占領略奪して中国大陸侵略の前線補給基地にすることに方針転換したか、最初からその二段構えの戦略をもってアメリカから出撃したのでしょう。それ以外に黒船来航の理由は考えられません。そして大砲を背に「兵士」ペリーが日本へ迫ったのは日本人にアメリカの奴隷になれと言うに等しい不平等条約の締結でした。これが日本に攘夷内乱を引き起こしたのです。結果としてアメリカのフロンティアスピリットは日本人のやまと魂(吉田松陰辞世「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬともとどめおかまし大和魂」)のまえに敗れ去った。
その後アメリカのフロンティアスピリットは日本よりアメリカ本土に近いハワイ諸島に目を付け1898年(明治31年)軍事力で併合すなわち先住民から略奪しています。ペリーが見せたフロンティアスピリットはペリーが消えても死なずアメリカ海軍のなかに変わらず中国大陸侵略を目指して生き続けていた。
そして太平洋戦争が開戦しました。アメリカ海軍は日本機動部隊ハワイ接近を早くから探知していたがハワイ真珠湾太平洋艦隊にはそれを知らせずわざと日本の宣戦布告を受け取らずに「日本軍の宣戦布告前の奇襲攻撃」を演出して対日開戦し、ペリー艦隊出撃以来の中国侵略目的の日本列島殲滅略奪軍事基地化作戦を再開したのです。
マッカーサーがミズーリ艦上降伏文書調印式にペリー時代の星条旗とマッカーサー時代の星条旗の2本の星条旗を掲げて「フロンティアスピリットが大和魂に完勝した」ことを誇示し日本に屈辱を与えたことでそのことがはっきりとわかります。
そして冒頭のマッカーサーの妄言が銃による殺戮と略奪だけで建国された非人道国家アメリカの恥ずべきフロンティアスピリットをそのまま表したものであることもわかるのです。
わたしはヒロヒトや吉田茂を決して憎むことはありませんが、死んでも死なない老兵マッカーサーのフロンティアスピリットは人間として人類として生ある限りその極悪を憎み続け死してもその憎しみは消えることがないであろうと思います。「フロンティアスピリット」がこの世から滅び去るまで。

 Discount Oakley Holbrook | 2013.08.27 20:27

日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~

 Fake Oakley Sunglasses | 2013.09.11 22:23

日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~

 www.loisirsconcept.fr | 2014.01.30 16:58

日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~
http://www.loisirsconcept.fr http://www.loisirsconcept.fr/

 hermes bags australia | 2014.02.02 6:55

hermes taschen homepage 日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~

 mbt shoes clearance women | 2014.02.22 14:24

mbt walk 日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~

 http://topuloey.ucoz.com/blog/ | 2014.03.11 19:56

日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~

 http://www.religionjeans.co.uk/ | 2014.03.12 3:01

日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~

 staped true religion jeans | 2014.03.12 4:13

日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~

 Replica Oakley Hijinx Sunglasses | 2014.03.27 19:36

日本を守るのに右も左もない | 金貸し支配の構造(下) ~共認支配されているとはどういうことか?~
Replica Oakley Hijinx Sunglasses http://rohijinx.pinkflamingo.us/

Comment



Comment


*