2011年06月13日

『今こそパラダイム転換が求められる時』シリーズ-8~実現基盤を摘出できない、現実否定の「構造認識」~

『今こそパラダイム転換が求められる時』シリーズ 第8弾です!
シリーズ-6の問題提起を受けて、シリーズ-7では、それを突破しうる以下3つの可能性を扱いました。
可能性1.支配観念を成立させていた序列原理の崩壊→同類圧力へ
可能性2.日本人は支配観念へのなじみが薄い
可能性3.人々は「社会の対象化」に向かい始めた

今回はこの庶民を個人課題に埋没させ続けた観念支配の構造をもう少し細かく見ていき、それを突破する可能性を探っていきます!!
以下、観念パラダイムの逆転4 実現基盤を摘出できない、現実否定の「構造認識」からの引用です。

既成観念批判の焦点は、現実(下部意識)を対象化していないという一点にある。
現実は、人々の本能機能・共認機能および観念機能によって形成されている。中でも、生存圧力(≒貧困の圧力)の強かった私権時代の現実は、その殆どが本能意識や共認意識(注:これらを下部意識と呼ぶことにする)によって形成されており、これら下部意識が現実の基底部を構成している。
にも拘らず、私権時代の思想(古代宗教と近代思想)は、その様な現実を否定or捨象してきた。それは、彼ら思想家たちの現実否定意識とそれを正当化した彼らの倒錯観念にとって、現実(その中でもとりわけ重要な基底部の下部意識)が都合の悪い否定or捨象すべきものだったからである。
これでは、現実を変革できる訳がない。そこで、さすがに現実を捨象した綺麗事の価値観念だけでは現実を変えることが出来ないと思い知った一派が、暗い悲惨な現実を対象化し始める(19C)。

応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


■支配階級だけが、自我・私権の下部意識を最大に実現するための観念支配の構造
>既成観念批判の焦点は、現実(下部意識)を対象化していないという一点にある。
支配階級はこの構造を利用し、庶民に倒錯観念を植え付け、騙し続けることで、その下部意識を対象化させないようにしています。一方で、自らはその下部意識の内、自我・私権の獲得を正当化し、その実現のために庶民を利用してきました。これが、観念支配の構造です。
例えば、キリスト教に見られる禁欲主義では、異性を獲得したいという欲求(下部意識)を封鎖させ、性欲があることは悪いことだと庶民に対して刷り込みました。また、過度に私益を追求することも禁止し、かつて金貸し業は卑しい職とされ、金貸しであるユダヤ人のみが扱うこととしてきました。
%E5%8F%97%E8%83%8E%E5%91%8A%E7%9F%A5.jpg%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B31800.jpg
(ユダヤ人の起源について)(キリスト教の禁欲主義について)

近代、市場拡大の可能性が開かれると、その原動力となる自我・私権を庶民にも開放していきます。禁欲から開放された庶民は、こぞって私権獲得に収束していきます。これが、逆に庶民にとっての弱点構造となったのです。
私権強者(持つ者)が弱者(持たざる者)を従わせる手法をより強化して、少しずつ私権(アメ)を与える代わりに労働者として強制労働(ムチ)させ、それによって膨大な利益を生み出すシステムを作り出したのです。そのため近代思想家などを中間支配層として利用し、天職思想や、自由や個人など「綺麗事の価値観念」により、下部意識(ムチ)をカモフラージュして、庶民を支配してきました。これが、第二の観念支配です。
さらに、このアメとムチによる支配で生ずる不全を和らげるために、3S(スポーツ、セックス、スクリーン)などを組込み、庶民を解脱埋没させることで、不全の矛先が社会(支配構造)に向かわないようにさせてきました。
この支配の構造は戦後の日本にもあてはまります。アメリカ(GHQ)は、自らの手先となる政府・学者・マスコミの中間支配層を育て、自虐史観や個人主義思想などで観念操作し、共同体を破壊し、大衆をバラバラの個人に解体してきました。そして、アメリカ文化と称して、徹底的な3S作戦で、大衆を思考停止に仕向けたのです。
■原発問題を契機として、支配階級による観念支配の構造は打ち砕かれる。

要するに、現実否定意識を正当化しようとする倒錯思考のパラダイムでは、決して現実(特に下部意識)を真っ当に対象化することが出来ず、従って現実を変革することはできない。これでは、社会を統合することなど出来る訳がない。
しかし、現実否定の正当化=倒錯思考というパラダイムの中で、どれだけ「現実」を対象化した所で、所詮は否定意識が対象化した偏った「現実」しか見ることができない(例えば、最基底にある性闘争→性的自我を全く対象化していないし、ましてや実現基盤など全く摘出できなかった)。
従って、結局彼らも現実を変革することは出来なかった。

観念支配によって、人々は倒錯思考のパラダイムの深淵に嵌り、実現基盤を摘出できず、現実の対象化への道を閉ざされてきたのです。しかし、この観念支配から抜け出る可能性は開かれつつあります。
%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%BC.jpg%E8%AC%9D%E7%BD%AA.jpg
☆可能性4.庶民が特権階級(中間支配層)を信用しなくなった。
今回の原発事故で危険に晒された庶民に対し平然と嘘をつく特権階級(中間支配層)の自我私権意識が明るみになり、庶民はそのように現実を真っ当に対象化しようとしない彼らを、もはや信用出来なくなってしまいました。
今なお、「放射能被害など殆ど無い、大丈夫、大丈夫」と嘘をつき続けていますが、その一方で、その発信は誤魔化しであるといった事例が、ツイッターなどの場ではドンドンと明るみに出始めています。つまり、中間支配層が機能しなくなったのです。
これは、先に見た観念支配の構造からすると、庶民を従わせる役回りの「中間支配層」が、庶民からソッポを向かれるという意味で、観念支配を打ち破る大きな可能性です。
☆可能性5.庶民は下部意識(潜在思念)を対象化し始めた。
>正しいことは必ず広がっていきます。やり方はそれぞれ違っても、それぞれの人がそれぞれの立場で出来ることをしていけば、社会も人も確実に変わっていきます。そして本当の安全と安心が実現できます。子供たちの未来を守ってあげられるのは私たち大人だけです。みんなが健康で楽しく笑って暮らせる日本、子供たちの笑顔であふれる日本にするために。(リンク)
>今の原子力に頼らない電力の生活に社会全体のシステムを変えればいいのです。
変えれますよ。電力を絞れば、変わらざる得なくなる・・・。
初めは不便でも、やがて人間はそれに順応していく。
そんなことで、経済が落ち込んだりしても、生活水準が下がっても、全然OK!!
原子力の事故で世の中がごちゃごちゃになるよりはるかに、リーズナブルで経済的。(*゚ー゚*) (リンク)
「みんなの役にたちたい」
「これほど危険な原発を使ってまで、贅沢な暮らしをしたくない」
「みんなはどのように考えているのかを知りたい」

貧困が消滅して私権意識も衰弱した今、残存するのは個人・自由といった共認充足を妨げる観念のみです。そして、今回の本能を直撃した不全は、庶民は役に立たない支配観念を捨てて人間が本来持っている共認充足を実現しようと、上記の言葉のように下部意識を対象化し始めました。これも、観念支配の構造を根底から覆すような、非常に大きな可能性です。
%E5%BE%A9%E8%88%881.jpg
%E5%BE%A9%E8%88%882.bmp
壁を打ち破れるか!?
これらの可能性は、前々記事(リンク)で触れた金貸し支配の手法、
①世界の各国は金貸しの支配下にあり、その事実は門外不出であった。
②支配の手法は、羊の調教と同じように、各国に彼らの意のままに動く指導者を送り込んで、庶民(群集)を操るという方法
③そのため、欺瞞観念の刷り込みを教育とマスコミを利用しておこなっている。中身は近代思想→個人主義思想
④これにより、集団は解体され、バラバラの個人(迷える子羊)として、力を押さえ込まれる。
⑤それ故に、至るところで対立構造を生み、場合によってはそれを仕掛ける(戦争・労働組合・日教組etc.)
⑥これら私権課題に収束することによって、全体のことや、社会に向かう意識を殺いでいる。→金貸し支配の現実は誰もわからないまま

の内、
③そのため、欺瞞観念の刷り込みを教育とマスコミを利用しておこなっている。中身は近代思想→個人主義思想
④これにより、集団は解体され、バラバラの個人(迷える子羊)として、力を押さえ込まれる。
⑤それ故に、至るところで対立構造を生み、場合によってはそれを仕掛ける(戦争・労働組合・日教組etc.)

を打ち破っていきます

List    投稿者 mtr919 | 2011-06-13 | Posted in 未分類 | 4 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/06/2001.html/trackback


コメント4件

 匿名 | 2012.05.08 9:52

■楽しく読ませていただきました。
何故、かくもキリスト教は性を否定するのか?
に付いて、
①ゲルマン人の性堕落への忌避
②キリスト教の原罪の一つが「性」
はその通りだと思います。
以前から私が感じているもう一つ注目したいのが
●「キリスト教の派閥闘争」です。
少し長く成りますが説明させてください。
ローマ時代の初期キリスト教は、いくつもの宗派がありました。どの宗派が正当であるかと、権力闘争を始めます。表上は神学による理論闘争です。
しかし、面白いことに勝った宗派は、権力を手にすると堕落します。この時代のローマ人は、堕落すると「性堕落」がつき物だったようです。修道院や教会は「性堕落」の巣窟だったという事例が各所で見られます。つまり、ほとんどの宗教家たちは、理屈と違って欲しかったのは私権獲得で、その為の職業が宗教家だったのです。
しかし少し立つと、負けた反対派は神学で理論武装して、勝ち組の「性堕落」を強く非難して現勢力を倒して、新たな正統派になり権力を得ます。
しかし又、彼らも「性堕落」⇒さらなる「性否定」規範宗派にやられる。そうして、どんどん現実離れしたした激しい「性規制」のキリスト教の教義ができてきます。
しかし実態は、私権(性を含む)獲得がしたいのです。理論と現実がどんどん遊離して行くキリスト教です。
キリスト教が現在の勝ち組宗派に収束するまで、これを何度も繰り返しているみたいです。
キリスト教で、著しい「性規制」を作っている時代に、一方では、「恋愛」を発明して、恋愛、不倫文化が花咲き始めます。
欧州人の、理論と現実の遊離というダブルスタンダードの文化が、一番明確なのがこの辺りではないかとと思っています。

 hermes bags store | 2014.02.01 15:18

cheap hermes belts india 日本を守るのに右も左もない | 魔術から近代科学へ10 西洋人の禁欲主義の源流(ゲルマンの性闘争による秩序崩壊の危機意識とキリスト教の禁欲観念)

 Cheap Pandora Jewelry | 2014.03.13 3:22

日本を守るのに右も左もない | 魔術から近代科学へ10 西洋人の禁欲主義の源流(ゲルマンの性闘争による秩序崩壊の危機意識とキリスト教の禁欲観念)

 visit here | 2014.03.28 16:53

hermes handbags purple 日本を守るのに右も左もない | 魔術から近代科学へ10 西洋人の禁欲主義の源流(ゲルマンの性闘争による秩序崩壊の危機意識とキリスト教の禁欲観念)

Comment



Comment


*