2011年05月07日

地震・原発を契機に人々の意識はどう変わるか?【1】:原発問題の本質は特権階級の無能と暴走

今回の東日本大震災は、多くの日本人の深層意識を直撃し、このままではいけない、なんとかしたいという意識を顕在化させたのではないでしょうか?
とりわけ、福島原発の問題は、地震の復興をどうする?という問題を超えて、エネルギー政策どうする?⇒社会のありかたをどうする?⇒政治どうする?という大きな問題を投げかけており、多くの人にこの問題が意識されはじめているのではないでしょうか?
clip_image001.jpg
そこで、今後毎週土曜日は、新しいシリーズとして
「地震・原発を契機に人々の意識はどう変わるか?」
というテーマを取り上げます。(以下テーマの予定)
5/7 【1】プロローグ:原発問題の本質は特権階級の無能と暴走
5/14【2】次々と明るみに出る特権階級の暴走ぶり
5/21【3】試験エリートの無能とえげつなさ
5/28【4】特権階級の暴走は今後も続くか否か?(マスコミ支配との綱引き?)
6/4 【5】充足基調(女原理)から実現思考(肯定発の男原理)へ
6/11【6】電力バブルはどうなる?(脱市場化がすすむ?)
6/18【7】地震の影響で遊びの失速がすすむ?
6/25【8】日本人は物を考え出すのか?(草の根共認からネット収束へ)
7/2 【9】日本人は物を考え出すのか?(事実収束から新認識へ)
7/9 【10】特権階級の世界と大衆の世界の断絶と接点は?(新政治勢力の必要)
7/16【11】政策提言(地震復興、原発どうする?)
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


先ずは、女子高生の悲痛な叫びを聞いてください。
国が強行に推進してきた原発が、いかに庶民に大きな悲しみと怒りをもたらしているかを考えさせられます。
「被災地の女子高生からの手紙」
s-20110314-832700-1-L.jpg20110417_2180567.jpg

政治家はお給料でも
貯金でも叩いて助けて下さい
彼らの贅沢をやめて
被災者を生きさせて下さい
命令ばかりしないで、
安全な場所から見てないで、
現地で身体をはって助けてください

なぜ、原発を推進してきた特権階級は、命令ばかりして、自らは安全な場所から見ているだけなのでしょうか?
それを考えるにあたっての重要な投稿があります。
「潮流7:暴走する社会(特権階級の暴走と下層階級の暴走)」
%E7%B4%B0%E9%87%8E%E8%B1%AA%E5%BF%97s%E8%A5%BF%E5%B1%B1%E5%AF%A9%E8%AD%B0%E5%AE%98.gif

私権原理が崩壊し、社会が統合軸を失うと、歯止めを失って社会は暴走してゆく。
大多数の私権意識が薄れていく陰で、ひとり権力喪失の危機感を募らせた特権階級は、その飼い主たる金貸しや国際企業を含む自分たちの特権を維持するために、優遇税制をはじめ様々な特権制度を強化し、その結果ますます格差を拡大させ、身分を固定化させてきた。
彼らの大半は、試験制度という与えられた枠組みの中でひたすら「合格」を目指してきたので、その前提を成す枠組みそのものを疑うという発想が極めて貧弱である。
従って、彼らは社会に出てからも、ひたすら既存の枠組みの中で走り続けることになるが、もはやそこでは、既存制度によって与えられた特権の維持と行使という目的以外の目的意識など生まれようがない。

原発を推進してきた特権階級は、今回の原発の大事故では想定外のことが起こったと言い訳をし続けてきましたが、それは全くのゴマカシです。そもそも原発の技術は未確立な綱渡りの技術で、凄まじく危険なものであるにも関わらず、彼らは「安全神話」を捏造してだまし続けてきました。実際原発事故は、今回のものだけではなく、数々起こっていますが、彼らはそれらをことごとく隠蔽してきました。
人間の手では制御できない「放射能」というものを扱う以上、万が一のことが起こり得ることも想定し、慎重にも慎重を期して実現性を検討するのがまっとうな人の思考方法でしょう。そして、もし実現するとしたら、どれくらいの危険性があるのかを事実として明らかにして、みんなの共認を得ることが絶対不可欠の前提条件でしょう。みんなの共認が得られない場合は、強行してはならないと考えるのが普通です。そこを捨象して、原発推進を強行してきたのは明らかな暴走であり、今回の大事故は人災であると断言して間違いありません。
「被災地の女子高生の手紙」にあるように、暴走を続けてきたのは、普通の人の痛みがわからない、わかろうとしない人たちです。人の痛みのわからない人は、どんなに頭がよくでも、根本的には無能です。原発事故が起こってしまった本質的な原因は、彼ら特権階級の無能と暴走なのです。
おそらく、今回の大事故を契機に、エリートと呼ばれてきた特権階級は本当に有能なのだろうか?人間として正しいのだろうか?という疑問が強まっていくでしょう。このシリーズでは、そのような観点で人々の意識潮流の変化を追求していきたいと思います。乞うご期待。

List    投稿者 yukitake | 2011-05-07 | Posted in 12.現代意識潮流3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/05/1967.html/trackback


コメント3件

 ねこってのフリーダムワールド | 2012.03.06 3:22

蟻からキリギリスの時代に向けて(3)

副題 世界の資産を巻き上げる投資産業界
(1)
(2)
 世の中には、生産活動をすることなく、生活している人が居ます。
 …

 hermes handbags 2013 | 2014.02.02 6:36

hermes uk phone number 日本を守るのに右も左もない | 共同体社会の実現に向けて-21 ~実現論序6 新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク(その1)~

 is mbt shoe really comfortable | 2014.02.22 4:29

discounted mbt shoes 日本を守るのに右も左もない | 共同体社会の実現に向けて-21 ~実現論序6 新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク(その1)~

Comment



Comment


*