2010年09月10日

学生でもわかる『闇の支配勢力の抗争史』~第3話~ 商人貴族の登場

http://community.platinumserai.jp/event/article/4b0e75c3c9c3

こんにちは!!シリーズ第3話を担当させてもらいますYUです。理系の大学3回生です!わかりやすく伝えていきたいと思います!
前回の話から明らかなように、一部の商人は国王や貴族に大きな影響を与えるほどに力をつけてきました。今回は商人化した貴族を紹介します!
今回の内容はロスチャイルドの登場と関わっています!楽しんで読んでください。
応援クリックお願いします :D

にほんブログ村 政治ブログへ


まずは舞台である、近世欧州の特殊性をまとめていきます。

1.皆殺し→全て敵⇒架空観念に収束するが、正邪の羅針盤を喪失しているので『騙せば官軍』の世界に。
2.この力の原理に立脚する「騙せば勝ち」の構造を見抜き、それを布教戦略として成功したのがキリスト教。
3.欧州では中世~近世、教会が国家・国王をも上回る共認権力(→財力)を確立(アジアには無い構造)。
4.金貸しにとって絶対権力たる教会(法王etc.)は絶好の買収対象となり、教会の後ろ盾を得てヴェネチア・スイスetc.商業国家の独立、あるいは対イスラム十字軍遠征etc.次々と金貸しの思惑通りに事が進んでいく。
5.200年以上に亘る十字軍遠征により、富の大半を領有する貴族や騎士の大半が交易に関わり、商人(投機)貴族化した。その商業(私益収束)の拠点として、ヴェネチアetc.商業国家で金貸しに都合の良い法制・芸術・思想が生み出された。

これを読んで大きな疑問が湧いてくるでしょう。
それは‥
『商人貴族って・・何?』
答えは、
『王様や大貴族を相手に投機(バクチ)を行う貴族』です。
以下、商人貴族の代表例であるフッガー家、サヴォイ家、タクシス家を紹介します。
1、ハプスブルグ家に投機したフッガー家について

1514年~1517年 大規模な免罪符販売→1517~1536年 宗教改革(ドイツ・スイス)
・ヴェネチアとの交易で富を蓄えたフッガー家が、ローマ教皇庁に食い込み、ローマ=カトリック教会に多額の金を貸し付けていく。借金で首が回らなくなったローマ教皇庁は、免罪符の販売を決断、その販売をフッガー家に依頼した。フッガー家は免罪符販売及びハプスブルグ家への貸付によって、その財産を拡大させて行く。
・その免罪符販売の中心地域だったドイツ民衆の反感が強まり、その反発を背景にルターによる宗教改革が始まる(→プロテスタント)。

なるほど、学校で聞き覚えのある「免罪符」。これの販売を担っていたのがフッガー家だったのです!!
協会に取り入り、自らの一時代を気付いたフッガー家でしたが、その後は、「宗教改革」による反教会(反カトリック)の勢力によって、教会の権威が落ちぶれると共に、歴史から消えていきました。宗教改革~大航海時代のヨーロッパは、反教会が席巻した時代でした。フッガー家は将来を見誤ったのです。
しかし、彼らが用いた手法、自分達の主(あるじ)を借金漬けにする手法は、その後も別の商人貴族達へ引き継がれます!
2、ハプスブルグ家と抵抗勢力の両方に投機したサヴォイ家とタクシス家について

1618年~1648年 30年戦争
・16世紀以降、ヨーロッパにおける覇権を確立しようとするハプスブルグ家とそれを阻止しようとする勢力の間での戦争が続く。この際、タクシス一族は、戦争する2つの勢力に雇われ、諜報活動を商売として行う。また,スイスとサヴォイ家は両方に傭兵を貸し付け,金を儲けていた
・元々、ドイツで王侯貴族お抱えの霊媒師として、予言の的中率が高いと大人気であった「占い師」がトゥルン・ウント・タクシス家であった。タクシス家は、1489年にハプスブルグ家の郵便物配送を専属で請け負い、その後、貴族や聖職諸侯、外交官、商人の通信を扱う特権も得ていた。このヨーロッパ全体に広がったネットワークを駆使し、情報を手に入れていたタクシス一族にとっては、予言を的中させることは簡単であった。17世紀には、タクシス一族はヨーロッパ中を情報面で統一しており、ヨーロッパ各国の王・貴族に、メートル、kgといった測量単位を統一させる。

彼ら商人貴族の特徴は、王族らのお抱えとして仕えながらウソの情報を流して,巧みに王族同士を戦争に誘導し、借金漬けにすることで、自らの利益を貪り続けたことです。また、ヨーロッパ中に自らの一族を配置し、ネットワーク化することで、諜報活動を行い、情報戦を優位に進めたことも興味深いです。
金貸し業とスパイ業はこのように密接に関わっているのです!
・今回の記事を書いていて感じたこと
当時の商人貴族たちは自分たちが儲けるため、他の人を騙したり貶めたりすることに何の抵抗もなかったと考えられます。では現代の貴族はどういう感覚を持っているのでしょうか?日本でも、お金を儲けて成功した人には騙しが存在するのでしょうか?
同じお金を得るにしても、騙し抜きのほうがカッコイイんですけどね!! 8)
・今回の気付き
スイスが傭兵の派遣で儲けていたのは知っていましたか?現在でもバチカン市国の門兵はスイスから派遣されている事実を知った時は驚きでした!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%82%AD%E5%85%B5

さあ次回は、商人貴族の中でも名の通ったロスチャイルドが登場します!
このシリーズの大きなカギを握る一族です。今までの3回の投稿をしっかり頭に入れてから読むと、これからどんどん面白くなっていくと思います!
楽しみにしていて下さいね :D

List    投稿者 yutaro | 2010-09-10 | Posted in 未分類 | 5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/09/1744.html/trackback


コメント5件

 通りがけ | 2011.04.29 7:58

「孫正義氏は敵(法匪官僚および政商)の復興妨害テロを先手を打って民間の力で封じよ。」
>>http://yamame30.blog103.fc2.com/blog-entry-81.html
(から加筆改変)
>孫社長は要注意です。検察の魔の手が伸びる可能性もありますし、米国がトヨタを血祭りにあげたように、ソフトバンクが狙われる可能性もあります。孫社長は、大阪の橋本知事など、発信力の高い政治家と連携し、裏で手をまわされない様注意が必要です。<
政治家と連携しても無駄である。政治家自身常に政敵と争っていて他人の面倒を見れる政治家はいない。孫社長は業界内にも敵が多い人物である。復興のために義捐金として200億円もの財産を投じるのであれば闇雲に無能な公的機関へ広く薄く分散寄付するのではなく、敵の多い自分の電話業界電気通信業界とは無関係の政治力のある有能な民間産業界に絞って投じればよい。たとえば自動車産業、トラック協会などの復興のための流通コスト、高速道路通行料金や車検費用を孫社長の私財200億円ですべて肩代わりする、とか。
そうすれば電話電気通信業界と直接利害関係が無い政治力のある他業種産業界が孫社長の利害を超えた義捐の志を、既得権益利権勢力や同業他社政商の政治的謀略攻撃から強い政治力で頑強にがっちりと守ってくれる。

 通りがけ | 2011.04.29 9:41

>なんでも隠蔽、ここに極めり ~こどもたちを守ろうとしない政権はイラナイ
>【 追記:子供たちの20ミリシーベルトに決めたのは誰やねん!? 】
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/04/post_2050.html
へのコメントを転載
厚労省は原発作業員の許容被曝量上限年間50ミリシーベルトを撤廃して会社命令で無制限に被曝させるようにした。殺人教唆犯である。ただちに上限撤廃を決めた厚労省上級官僚を逮捕して起訴しこの殺人教唆厚労省決定を即日廃棄無効化せよ。
そしてもしこの被曝上限撤廃決定に従ったものがあればそのものは殺人の実行犯として長期の実刑に服することになるであろう。
これらの厚労省通達は、すでに多数の被曝死傷者を発生させた福島第一原発原子炉メルトダウンレベル7の「人災」の発生責任者である菅内閣・東電・保安院の3者と事実を隠蔽して報道し被曝被害を拡大させた国営放送NHKの加害責任を事後法によって軽減無責化を謀るものであることは言うまでもないが、事後法成立以前にすでに既遂の加害責任については法的にいかなる軽減免責効果も持たないことも自明の理であるからして、菅内閣・東電・保安院・NHKの加害責任ある4者は風評被害を含む原発事故被害全額について全額賠償支払責任をまぬがれることはありえない。支払わねば刑法にしたがい実刑に服するだけである。

 unimaro | 2011.04.29 23:39

お疲れ様です。
近代日本社会までは、「お家のため」等、の意識がありました。
こういうのは「私権」というのでしょうか?
また、純粋に「家族のため」「跡継ぎのため」という意識は?
「日本を守るのに右も左もない」さんをよく拝見しますが、難しいエントリは理解できません。
その中でも「私権・・」関係はもっとも難しく感じます、私のおつむが悪いからでしょう。
私が「社会の一人ひとり」に求めたいのは、言葉にすると絶対に勘違い(逆に)されるので、例として「雨ニモ負ケズ」です。
別に徒党を組まなくともいいし、たった一人でも「正しく生きる」ことを大手を振ってやっていれば、それを見習ってくれる人が少しはいます。
逆に悪いことをしていれば、それをまねする輩もすぐに沸いてきます。あげく、悪事を働いても 厳 し く 罰せられられなければまったく法の意味はありません(現時点ココ)。
言うより「やって見せろ」がもっとも効果があると感じています。まぁ個人的にリスクはありますがw
などと愚考を失礼しました。

 グッチの財布 | 2013.10.08 20:45

ポールスミス バッグ

 hermes bags italy | 2014.02.01 5:39

replica hermes bag from china 日本を守るのに右も左もない | 集団を超えた社会をどう統合しなおすか?(6)~人類はなぜ市場拡大に奔走したのか~

Comment



Comment


*