2010年08月03日

もう、プロには期待できない~大衆による直接社会統合の可能性 10 平成版 参勤交代の提言~

 参院選を控えた5月からはじめた当シリーズも10回(最終回)となりました、機能不全の国家に代わる新しい社会統合を考える切り口となる「半専任・半事業の社会統合ネットワーク」を紹介させて頂いて、一段落と致します。
     
バックナンバーはコチラ

もう、プロには期待できない~大衆による直接社会統合の可能性~シリーズ
1.プロローグ
2.今、人類が直面している課題とその基本的答え
3.力の序列共認とその限界
4.市場拡大に拘る菅内閣
5.市場の拡大限界と次代の活力源
6.参議院選の投票率は、一気に下がると予想される~
7.認識欠乏が顕在化し、多くの人々が「認識形成の場」に集結するのは、もはや時間の問題
8.共認形成をみんなの手に取り戻す
9.自民党もダメ、民主党もダメ。政治家プロの限界が露わになった

     
 予想通りに日本政治の迷走は、愈々どん詰まりの局面に入りました。
民主党もダメ・自民党もダメ⇒もはやプロの政治家や官僚には全く期待できないという国民意識の最先端がこの参院選でも顕在化しました。統合階級の無残な姿に対して、人々の意識の最先端では、「自分発からみんな発へ」と「充足基調の意識潮流」が顕在化してきています。
       
%E5%85%85%E8%B6%B3%E5%9F%BA%E8%AA%BF%E3%81%AE%E5%A0%B4.JPG
       
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


 私権圧力に人々が敏感に反応した1970年頃までは、民族資本を政治資金源とした田中角栄の如く、民意と民族意識に鋭敏で私権活力の塊の様な政治家が存在しました。
 然し日本社会から飢えの圧力が消滅し豊かさが実現されてから、日本の民意は自分発からみんな発へと、いち早く転換し始めたのです。然し国家機関を差配し続ける統合階級は(受験勉強するしか能が無かった官僚・マスコミや道楽息子で育った馬鹿政治家で固められ)、新しい潮流・民意とはパラダイムのズレが益々乖離するばかりと成ってしまいました。
        
%E6%B1%A0%E7%94%B0%EF%BD%A5%E7%94%B0%E4%B8%AD.JPG
       
%E8%8F%85%E3%81%AB%E3%82%84%E3%81%91%E2%87%92%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%83%AC.JPG
       
 日本民族を裏切った→小泉を生んだ自民・清和会やグローバル企業の子飼いが跋扈する民主・従米派は、欧米金融資本の政治資金と固定観念に首まで浸かって抜け出せません。
 菅や仙谷などの人権や市民運動家も、個人主義などの古臭い近代思想から自在になることが出来ません。米国金貸し勢力が日本の傀儡を暴走させる国民の危機は問題ですが、「国家に代わる新しい社会統合とは何か?」⇒「我々大衆の手による新しい社会統合の可能性」を考えていくことも重要です。
        
%E5%B2%B8%E2%87%92%E4%B8%AD%E6%9B%BD%E6%A0%B9%E2%87%92%E5%B0%8F%E6%B3%89%E2%87%92%E8%8F%85.JPG
      
 日本人意識潮流の最先端にどの様な可能性が期待できるのか、考える上で是非読んでおきたい投稿は、山澤さんが整理していますので引用させていただきます。
    
【引用】官僚制の突破口は「半専任・半事業の社会統合ネットワーク」

では、その突破口はどこにあるのか。
     
>集団を超えた次元に存在する社会を統合(もちろん変革も)する為には、単独の集団原理とは全く異なる原理の統合組織が必要なんだという事に、未だ誰も気付いていない。しかし、万人が参画できる、社会統合組織の条件は簡単で、二つだけである。
      
>社会統合は、全員が担うべき当然の役割=仕事だとすれば、その仕事に対してそれなりの収入が保障されなければならない。しかも誰もが何らかの専業に就いているとしたら、この組織は誰もが副業として担うことができる半事業組織でなければならない。
     
>収入保障は万人が社会統合に参画する為の不可欠の条件であって、私益追求の為の仕事は収入になるが社会統合の為の仕事は収入にならないというのでは、特殊な思想・信念に固まった人しか動かないのも当然である。それに、全員の社会を、特定の思想に固まった集団が動かすというのは、大きな間違いである。万人の属する社会を導くことができるのは、万人が認める事のできる事実に基づく理論体系(=科学)だけであって、特定の思想などに社会を統合する資格はない。これが社会統合組織の、もう一つの条件である。
       
>これらの条件を充たす、集団原理を超えた社会統合システムの原型となるのが、半専任(副業)の人々で組織されたネットワーク集合である。
       
>このネットワーク集合なら、皆等しく半専任なので官僚化(=専任特権化)の危険を完全に無くすことができるし、常に強い成果圧力が働いているので、公務員に見られる様な「親方日の丸」に陥る危険も完全に払拭できる。
リンク
     
現在、政治主導による官僚組織の改革が進んでいるが、アメリカの二大政党制が見せかけであることが証明しているように、エリートが交替するだけの政治改革など、所詮、見せ掛けの改革に過ぎない。民主党の仕分けが証明しているように、その一見、華やかな体制改革の中に、エリート世界しかしらない市場原理主義者が跋扈している。庶民の現実を背景に闘っているのは、亀井大臣ら少数である。
     
勿論、事業仕分けが一般公開され、多数の傍聴人がその場に居合わせ、「必要か否か」を考えるようになったという現実は、大きな進化でもある。こうした試みを「半専任・半事業の社会統合ネットワーク」へと発展させていく、そのような世論を作っていくことが、この時代を生きる私たちの仕事である。そして、そうした社会組織理論を構築すべく歴史に学び、自然に学ぶことも重要な仕事である。

     
※官僚制度に代わる現代版参勤交代制度のより具体的な提案もあります⇒徴兵制ならぬ徴員制の提案(「日本国の刷新・再生」―21世紀研究会より)
  
現代日本の政治家に代表される統合階級のダメっぷりはもはや、彼らに期待できないという大衆の意識を強くし、この流れは確実に大衆による社会統合へと進んでいくはずです。
以上が「国家に代わる新しい統合機構」の可能性です。
  
ありがとうございました。

List    投稿者 staff | 2010-08-03 | Posted in 未分類 | 14 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/08/1711.html/trackback


コメント14件

 マスコミに載らない海外記事 | 2011.03.22 23:31

今度は地球丸ごと道連れ

Chris Hedges 2011年3月7日 truthdig.com 今は堆積した泥に埋もれている、イラクのバビロンや、古代ローマ都市、ローマ帝国シリア…

 静かなる革命2009 | 2011.03.23 11:08

北へ向かうタンク貨車列に「がんばれ!」と思わず叫ぶ,涙溢れつ

計画停電の真っ暗闇の中で炊事場に立ち食器を洗う.わたしの母は晩年になって失明したので最初は大変だったが,やがて手探りで何でも一人でできるようになった.それ…

 ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ | 2011.03.24 0:20

★重苦しい心を癒す映像に感謝します。

★重苦しい心を癒す映像に感謝します。震災、津波に被災された方々へ、心から御見舞い

 ふぇりちゃん | 2011.03.24 12:07

>1)噴火の規模が大きければ、地下にたまったエネルギーが大量に使われるので、地震の規模は相対的に小さくなる。つまり、火山が噴火すれば、それが熱エネルギーの“ガス抜き”となり、巨大地震を発生させるエネルギーが減るのである。
を読んで、「なんか、こういうのをいつかどこかで読んだ気がする・・・」と記憶を辿って辿って、やっと思い出しました。
るいネット【東海地震はいつ起こる?】http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=247526の、富士山の噴火と地震の関係と同じですよね?
私は今までずっと、プレートのずれや移動が地震発生に繋がるんだと想ってきました。
けれど、地球上に存在するすべてが要因となって、その反応として地震が発生するのかな?と今回の記事を読んで感じました。
ではでは♪

 member | 2011.03.24 14:48

ふぇりちゃん、コメントありがとうございます。
確かに、地震の原因をプレートだけに限定するのは無理があるように思えてきました。
プレート相互に働く力学的要因があることは否定しませんが、それだけではなく、熱をはじめとする様々なエネルギーを均衡(バランス)させようとする働きが地震なのではないかと考えています。
なので、まずは熱移送説をもう少し突っ込んで調べてみます。

 !うにまろ!日記 | 2011.03.24 22:14

日本の金でリビア侵略開始!! 「イラクを再度!!」by アメ公+α

アメ公を中核とした白んぼ軍団のアラブ侵略がはじまって久しい。
今回の英仏中心のリビア侵略は、白んぼ帝国軍にアラブ侵略計画の最も重要ないくつかの課題の中でも…

 匿名 | 2011.03.24 22:17

お疲れ様です。
勉強になるエントリをありがとうございます!!
HAAPの原理がわかったような気がします。
あっちはもう熱移送説を元にHAAPを開発したんでしょうね。
だとしたら、休火山など狙われて危ないですね。

 member | 2011.03.25 0:39

匿名さま、コメントありがとうございます。
なるほど、HAAPと熱移送説が関係しているというコメントは、重要な示唆を与えてくれるような気がします。
HAAPも視野に入れつつ、熱移送説を掘り下げてみます。

 unimaru | 2011.03.25 21:13

失礼しました、03月24日 22:17
のコメントは私です。
続きになりますが、
もし日本が熱移送を人工的にできるようになれば、日本あまり影響のなさそうな海底火山などを爆発させてエネルギーを逃がすことができれば、地震予防ができそうですね!

 member | 2011.03.25 23:59

やっぱり、unimaruさんでしたか。
いつもありがとうございます。
地震のメカニズムを解明し、正確に予測できるようになることが目標だと考えています。それ以上のことを求めるのは自然の摂理に反するような気がします。

 unimaro | 2011.03.26 20:53

再々失礼します。
>それ以上のことを求めるのは自然の摂理に反するような気がします。
確かにそうですね。
私も日本人のくせにそういうことに気がつかないとは、、、、、愚かでした。

 北方謙四のお悩み相談室 試みの地平線 | 2011.04.15 23:06

三陸沖地震は予知できていた!

三陸沖地震は予知できていた!

 mbt kimondo gtx | 2014.02.22 12:57

mbt stockists 日本を守るのに右も左もない | 地震の発生原因⇒プレート説は本当に正しいのか?⇒「熱移送説」も

 www.schulz-classic.de | 2014.03.13 1:31

日本を守るのに右も左もない | 地震の発生原因⇒プレート説は本当に正しいのか?⇒「熱移送説」も

Comment



Comment


*