2010年03月05日

トヨタリコール問題の本質は? アメリカは新たな国家戦略に基づきトヨタを潰しにかかっている!

アメリカでのトヨタリコール問題が未だにくすぶっている。
この間の状況を見る限り、単なるリコール問題という見方は一面的で、もはやそれらを超えた位相にあることは明らかだ。
続きを読む前にポチッとお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


そもそも、今回のような欠陥問題は今に始まった事ではない。
るいネット

しかし、トヨタの自動車の(今回の問題程度の)欠陥は09年になって初めて出てきたわけではない。過去からあった問題だった。
つまり、今回の問題も逆から見る必要がある。「今まで問題にならなかったのは、なぜか?」
80年代、90年代は、いわゆる「ジャパンバッシング」が盛んな時期で、日本の技術系製造企業の多くが、アメリカでの訴訟攻撃に晒されていた。しかし2000年代に入って訴訟攻撃が沈静化し、これらの企業がアメリカ市場で大きくシェアを伸ばしていった。この時期は、言うまでも無くアメリカ・共和党政権と日本・小泉政権の連携が非常に強かったこともあり、シェアを伸ばす日本企業が「見過ごされてきた」時期だった。
アメリカ・共和党⇔日本・小泉⇔経団連・奥田(元トヨタ社長)のラインの中で、トヨタは大きくシェアを伸ばすことができた。アメリカにしてみれば、郵政民営化が成功し郵政資金がアメリカの思うがままに操ることができるのなら、(既に過去の遺物であった)自動車産業のシェアなど問題にならないと考えていたのだろう。

つまりブッシュ共和党とアメリカの言いなり小泉、そしてそれら権力者に迎合した経団連奥田らの結託によって、郵政民営化資金をアメリカへ差し出す変わりに、トヨタはアメリカで自由に商売する許可証を手に入れたという事だろう。
しかし、アメリカはオバマ民主党政権に変わり、日本にも民主党政権が誕生した。
ここでオバマ政権は重要な国家の技術戦略を大きく転換させる。エネルギー革命ともいうべき、スマートグリッド構想である。
るいネット

スマートグリッド構想とは、オバマが大統領選の最中から目玉の政策として主張していたもので、エネルギー(主に電気)の送電ネットワークをインターネット網のようにグリッド化し、エネルギーの利用を偏在させることなく、ネットワーク上で最適効率化していくという構想だ。オバマは、これを実現することが「アルカイダのようなテログループが米国を経済的に攻撃することを困難にする」とテロ対策に有効であると説明している。
そして、スマートグリッド戦略は、電気自動車社会へと移行しなければ、完成することはない。スマートグリッド戦略においては、電気自動車のユーザーが、クルマの電池をネットワークに接続させ、昼間は太陽光発電などから取り込んだ電気エネルギーを自動車の電池に蓄電し、夜間にはネットワーク(グリッド)に対して売電することが重要だからだ。
つまり、ガソリン自動車から電気自動車へのシフトは、インターネット革命がそうであったように、まず国防上の必要性から構想され、次に技術的なイノベーションを先導することによって米国主導のビジネスモデルに自動車産業それ自体を組み換えてしまうという、周到に構想された米国の国家戦略なのである。

既に政権交代によって政治的力関係が変化しているにも関わらず、新しくトヨタの社長に就任した、豊田章男氏は従来通り、アメリカでの商売方法を変えなかった。そしてGM、フォードらの敵失も手伝って、ついにアメリカ自動車産業会のトップに立ってしまった。
意図していたかどうかはさておき、トヨタはプリウスを初めとする、ハイブリッド技術によって、このアメリカ国家技術戦略と、真っ向から対抗するという構図に嵌っていたのだ。
アメリカの覇権技術に対する、他国の追い落としは生半可ではない。
かつて、日本が独自に開発しようとしたコンピューターのOS【TRON】が、アメリカの政治的圧力で潰されたという事実は有名だ。
アメリカによる日本独自OS=TRON潰し

今のパソコンのOS(オペレーティングシステム)はほとんどがWindowsだが、過去日本で独自のOS開発が行われていた。東京大学の坂村教授が開発を進めていたTRONだ。
このTRONは20年前の時点で、Windowsを凌ぐOSだと言われてきた。実際にアメリカにも輸出しようとしている。しかし、アメリカ製OSの日本市場への参入を妨害するものとして圧力を受けたり、教育用コンピュータとしての採用が見送られるといった挫折を味わい、最終的にWindowsなどのOSとの標準化競争にも敗れた。
事実、2004年10月、産業交流展2004 での 2004年東京都ベンチャー技術大賞での表彰式で、石原都知事は『TRON PROJECT には、当時の橋本龍太郎通産大臣が米国の圧力に負けて、握り潰してしまった過去がある』と発言した。日本の独自OSであるTRONはアメリカの政治圧力で潰されたのだ。

るいネット

だから、オバマ政権にとってトップシェアを握るトヨタが「邪魔になった」。今後アメリカは、自動車産業で覇権を握るトヨタを潰し、自動車産業の大幅な組み換えを強制していくだろう。
つまり今回の問題は、単なるミス爆発という問題でもなければ、アメリカによるトヨタ虐めという問題でもない。アメリカは明確な国家戦略方針を持って、産業構造を組み替えようとしているのだ。 

以上のような考え方に立てば、アメリカのトヨタたたきは今後も続くと見るべきだろう。
近い将来、トヨタはアメリカ市場から撤退させられるという可能性も、あながち大げさだなどと言ってられないのかも知れない。
   

List    投稿者 kichom | 2010-03-05 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/03/1570.html/trackback


コメント6件

 bad credit loans | 2013.08.21 8:27

私は、給料日ローンフレデリクトンニューブランズウィックを探しています。給料日ローンセントジョンニューブランズウィック州がどこにあるか知っていますか?

 payday loans | 2013.09.02 20:56

私は、給料日ローンの申し込みを探しています

 car title loans | 2013.11.28 8:55

こんにちは!私の名前はマーカスタイリーと私はレスター、アメリカ出身。私は、スコッツデールの自己資本ローンに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログに自動ポーンについての私のブログ作品からのリンクを配置します。

 prometric cna | 2013.11.29 14:12

こんにちは!私の名前はビルマ海と私はラコニア、アメリカ出身。私はCNA認定ブーンノースカロライナ州のウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにCNAトレーニングサウスミについての私のブログからのリンクを配置します。

 cna salary | 2013.11.30 8:35

こんにちは!私の名前はホーチミンサザーランドと私はトランブル、アメリカ合衆国出身です。私はクローフォーズヴィル、インディアナでCNAクラスについてのウェブサイトを持っている。私はあなたのブログに看護師無料フルCNAビデオCoursenursingについての私のブログからのリンクを配置します。

 max title loans | 2014.01.04 15:17

私は、あなたがどこにタイトルの最大時間を見つけるを知っていますかタイトルマックスバーミンガムらを探しています?

Comment



Comment


*