2009年12月01日

【観念パラダイムの逆転4】 ~実現基盤を摘出できない、現実否定の「構造認識」~

前回のエントリー「観念パラダイムの逆転3」で『現実=人々の意識』という切り口を紹介したが、今回は現実を構成している意識の中でも、特に下部意識(潜在思念)の対象化の重要性について触れている四方氏の投稿を紹介したい。
%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E6%AF%9B%E6%B2%A2%E6%9D%B1.jpg
(写真は「ウィキペディア」より
いつも応援ありがとうございます
るいネット
メルマガ

にほんブログ村 政治ブログへ



既成観念批判の焦点は、現実(下部意識)を対象化していないという一点にある。
現実は、人々の本能機能・共認機能および観念機能によって形成されている。中でも、生存圧力(≒貧困の圧力)の強かった私権時代の現実は、その殆どが本能意識や共認意識(注:これらを下部意識と呼ぶことにする)によって形成されており、これら下部意識が現実の基底部を構成している。


私権時代の現実は下部意識によって構成されている。
つまり、まず私権闘争(地位や金を巡る戦い)は本能である性闘争(メスを巡るオス同士の戦い)を下敷きにしている。この私権闘争は性闘争を下敷きにしているため力の原理である最終的に序列原理(弱いものが強いものに従う、力の原理)でしか統合できない。そのため、私権社会はこの力の序列を追共認した身分制度のよって統合されている。これが私権時代の現実の基底部分である。

にも拘らず、私権時代の思想(古代宗教と近代思想)は、その様な現実を否定or捨象してきた。それは、彼ら思想家たちの現実否定意識とそれを正当化した彼らの倒錯観念にとって、現実(その中でもとりわけ重要な基底部の下部意識)が都合の悪い否定or捨象すべきものだったからである。


事実、私権時代の思想家達は、「あるべき人間や社会」の姿を考察し、説くことに主目的を置いていた。かつての哲学が形而上学や倫理学とも呼ばれていた所以である。
そしてこの「あるべき人間像や社会像」に照らし合わせて、現実の社会や人間を批判した。つまり批判の拠り所(正当化の根拠)としてこの「あるべき社会像や人間像を」を用いたのである。このあるべき人間像にたどり着く為には(出家することや書斎での思索の日々を送るなど)俗世から実を離す必要があった。このあり様が普遍的に存在しうる筈も無い。ましてや、人々の集合体である社会像にいたっては、文字通り思弁から生まれた観念上の楼閣に過ぎないものである。
%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%B9.jpg
(写真は「ウィキペディア」より)

これでは、現実を変革できる訳がない。そこで、さすがに現実を捨象した綺麗事の価値観念だけでは現実を変えることが出来ないと思い知った一派が、暗い悲惨な現実を対象化し始める(19C)。
しかし、現実否定の正当化=倒錯思考というパラダイムの中で、どれだけ「現実」を対象化した所で、所詮は否定意識が対象化した偏った「現実」しか見ることができない(例えば、最基底にある性闘争→性的自我を全く対象化していないし、ましてや実現基盤など全く摘出できなかった)。
従って、結局彼らも現実を変革することは出来なかった。


そこでこの思弁哲学にこうして登場したのが社会主義(マルクス)である。
マルクスは、労働者が貧困状態から抜け出せないのは、資本による支配・搾取が原因であるとし、資本の根源に私有権が存在することまでは看取した。しかし、マルクスは、そもそもなぜ私有権が発生したのかについて、考察が明らかに不十分であった。従って、仮に資本の運動が問題だとして、資本の運動を超える実現基盤を摘出することが出来なかった。
資本の運動や私有財産制を問題視したマルクスたちは、そこから「労働者の団結によって、資本家を倒し私有財産制を廃止する(共有化)という実践的結論を導いた。
しかし社会主義が壮大な失敗に終わったのは周知の通りである。私権(地位や金)を激しく求める人々は絶えることなく、結局は序列原理の一変種である官僚制を生み出し、私権獲得競争を抑制すれば抑制するほど活力が衰弱してゆくという悪循環の中で社会主義は崩壊したのである。それは私有権の更に背後に横たわる下部意識の構造を発掘できなかったからである。

要するに、現実否定意識を正当化しようとする倒錯思考のパラダイムでは、決して現実(特に下部意識)を全うに対象化することが出来ず、従って現実を変革することはできない。これでは、社会を統合することなど出来る訳がない。


新しい構造認識として提示されている「実現論」が、生命の起源から始まって、哺乳類、サル、人類にいたる進化史を紐解いているのも人類の下部意識の構造(本能、共認、観念の3層構造)を明らかにするためであった。その進化の構造を明らかにすることで、私権時代の現実の深層構造や、現在という時代に潜む大きな可能性を発掘することが可能になったのである。

List    投稿者 kuwamura | 2009-12-01 | Posted in 12.現代意識潮流5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/12/1463.html/trackback


コメント5件

 静かなる革命2009 | 2010.06.25 2:04

裏切られた革命?:菅直人は革命を裏切ったのか?ないしは革命を裏切りつつあるのか?

普天間移設問題で迷走し,沖縄全島住民の願い,日本国民の期待に背いて自民党原案に舞い戻った鳩山連立内閣は,国民の信頼を失ってもろくも座屈した.その背景には改…

 ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw | 2010.06.26 0:08

「奸雄」は誰か?菅政権で週刊朝日も転向?

画像はクリックで拡大します。★先週6月25日号の週刊朝日を見て驚いた。表紙に赤文

 ニホンカイ | 2010.06.27 14:03

官公労や地方公務員労組の組織票頼みの民主党が行財政改革できないのは、タコが自分の足を食えないのと同じようなものです。EU各国のように公務員のリストラができないくせに、消費税増税など国民を舐めるにもほどがあると思います。公務員削減、特殊法人&特別会計廃止を万難を排して敢行しなければ日本に未来はありません。やはりまだ小沢氏を中心に田中康夫氏や亀井氏などを核として政界大再編が必須です。霞ヶ関、虎ノ門、自治労に鉄槌を下すヤーゴダ、エジョフやベリヤたるべき小沢一郎が必要です。となれば来る参院選で民主党が敗退しても災い転じて福となすとなるでしょう。

 よっし~ | 2010.07.08 21:48

>小沢氏を中心に田中康夫氏や亀井氏などを核として政界大再編が必須です。(ニホンカイさん)
コメントありがとうございます。
同感です。私も参院選後の小沢さんの動きに注目していこうと想っています。脱米・脱官僚を実現できる政治家が現れるかどうか?が鍵だと想います。

 visit this site right here | 2014.03.28 17:38

hermes bags sale 日本を守るのに右も左もない | 庶民による社会統合気運の高まり その最先端の潮流を探る2 ~「議員報酬を日当制にした、福島県矢祭町」の事例に学ぶ!~

Comment



Comment


*