2009年11月18日

戦後マスコミ史年表1:【戦後~1960年代】

mediahanzai1.jpg
(画像はコチラからお借りしました)
最近、マスコミの問題性がどんどん明るみになっていますが、当ブログでもこの間テーマとして取り上げて分析・追求を続けています。
そこで、これまでマスコミがどのようにして社会に関わり、人々にどんな影響を与えてきたのか?また社会の移り変わりと共に人々の意識がどのように変化してきたのか?を押さえるための資料として、るいネットから参考になる投稿を紹介します。
まずは、戦後~1950年代・1960年代における社会の意識潮流と、その時代におけるマスコミの歴史から紹介します!
★’50年代・’60年代:マスコミ権力の台頭
(るいネット「潮流2:戦後日本の意識潮流」より)

戦後になると、’50年代、’60年代の理由なき反抗、怒れる若者たちetcの現象が示すように、序列規範が一気に解体されてゆく。
しかし、それは市場拡大を担う消費の主役として期待され持ち上げられてきた若者たちによる農村育ちの親父世代に対する反抗、主要には個人主義etcの都市的思潮による農村的規範への反発であった。つまり、それは農業から工業への生産様式の移行に伴う変化にすぎない(注:一般には、戦後憲法によって前時代的な序列規範は大きく崩れていったように見られているが、憲法は生産様式の移行に伴う変化を加速しただけである。)
従って、序列規範が衰退しても、貧困が残存している上に、企業には序列制度がそのまま残存しており、身分や私益を追求する私権欠乏は衰えを知らずむしろ強まってゆく。だからこそ、’60年代、’70年代は、自由な性(正確には商品価値の性=自我・私権の性)が花盛りとなったのである。要するに、戦後も、私権統合の社会であることに何の変わりもなかった。しかし、その間に、恋愛と消費に支えられたマスコミ権力が強固に根を下ろしてゆき、マスコミの共認権力は、資本権力に迫る勢いを示し始める。(注:いつの時代でも、戦争etc激動の時代には国家権力が強くなり、小康・安定の時代には教会etcの共認権力が強くなる。但し、近代以降は、資本権力が国家権力にとって代わって第一権力となっている。戦後も、混乱期は資本権力の方がマスコミ権力より強いが、’50年代・’60年代と社会が安定してゆくにつれて、次第にマスコミ権力が資本権力に拮抗する力を持ち始めてゆく。

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 政治ブログへ


るいネットの記事「戦後マスコミ史年表1:【戦後~1960年代】」からの引用です。

●【戦後~1950年代】
1946 新興新聞続々創刊
    日本新聞協会発足「新聞倫理綱領」
1947 言論機関の追放者発表
1948 新聞協会、編集権確保声明
1949 協会、取材源の秘匿の正当性を主張
    夕刊朝日、漫画「サザエさん」の連載始まる
1950 GHQ、レッドパージを指令
    電波三法施行
    NHK発足
    伊藤律・架空記者会見事件-『朝日』<捏造>
1951 ラジオ東京放送(→TBSラジオ)開局
    第一回新聞文化賞
1952 もく星号遭難事件-『長崎民友新聞』<捏造>
1953 NHK東京テレビ開局、テレビジョン放送を開始
    日本テレビ開局、初の民放としてテレビジョン放送開始
    シャープより国産第1号の白黒テレビ発売(14インチ/175,000円)
    「第4回NHK紅白歌合戦」がTV初放送
    日本ABC協会
    middle_1170345394.jpg
    (写真はコチラからお借りしました)
1954 ビキニ被災で読売スクープ
    乱闘国会で読者の投書激増
1955 第27回衆院選挙でNHKがテレビ初の選挙開票速報
    民放第2局目(ラジオ東京テレビジョン→TBS)開局
    マスコミ倫理懇談会設置
    「不公正な取引」特殊指定
1956 NHK、カラーテレビ実験放送開始
    週刊新潮創刊、週刊誌ブームに口火
1957 人工衛星打ち上げ
    売春防止法汚職報道で記者逮捕
1958 東京タワー完成、運用開始
    テレビ受信契約100万突破
1959 NHK東京教育テレビジョン放送開始
    初の民間教育専門局、日本教育テレビ(現テレビ朝日)開局
    フジテレビジョン開局
    皇太子と美智子様のご成婚パレード中継
    テレビ普及200万台突破

●【1960年代】
1960 NHKと民放4局がカラーテレビの本放送をスタート
    (開始当初カラー番組は1日1時間、白黒番組が主流)
 
    テレビ500万台普及
 
    カラーテレビ発売
1961 宇宙飛行の実現に新聞界沸く
    米・ニールセン社が機械式視聴率調査開始(2000年撤退)
1962 テレビ1000万台普及
    ビデオ・リサーチ社が視聴率調査開始
    初のキャスターニュース、JNNニュースコープ(TBS)放送開始
    (初代キャスターは共に新聞記者出身の戸川猪佐武と田英夫)
1963 国産初のTVアニメ「鉄腕アトム」放映開始
    NHK大河ドラマ放送開始
    ケネディ暗殺、日米テレビ衛星中継
    デストロイヤー対力道山戦、視聴率約64.0%
    NHK紅白歌合戦、視聴率約81.4%
    狭山事件<差別問題>
    世界初の人工衛星によるテレビジョン中継放送
1964 日本科学技術振興財団テレビ局(東京12ch、現テレビ東京)開局
    「東京オリンピック」のテレビ観戦中継
    女子バレー決勝視聴率約66.8%
    ワイドショーのさきがけ「木島則夫モーニング・ショー」
    大河内・東京大学総長告辞<誤報(予定稿)>
1965 ライシャワー米大使、ベトナム報道で日本の新聞を批判
1966 政界の“黒い霧”キャンペーン
    090317_2_img_03.jpg
    (写真はコチラからお借りしました)
    カラースポットCM放送開始
    ビートルズ来日公演中継約56%の高視聴率
1967 テレビ受信契約数2000万突破(普及率83.1%)
    中国、日本人3記者を追放
1968 寸又峡ライフル魔事件<差別問題>
    連続ピストル射殺魔事件(永山則夫)<少年事件>
    3億円事件<誤認逮捕>
    民法全社カラー化
1969 アポロ11号の人類初月面着陸の様子を38万km離れた月から中継
    博多テレビフィルム提出事件

List    投稿者 hiroaki | 2009-11-18 | Posted in 12.現代意識潮流6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/11/1446.html/trackback


コメント6件

 mame | 2010.06.03 18:03

普天間基地移設の本当の問題は何か?
今まで自民党を支持していたネット界の人たちですら、辺野古案の受け入れは「残念、、」とショックを受ける出来事となりました。
一方で、そもそも鳩山氏が「移設は国外か、最低でも県外」と並べて提示されてた二つの話は、まったく筋の違う繋がらないものです。
なぜならば、「国外」となれば、日米安保を覆す国と国との問題であるのに対し、「県外」となれば、国内でどこにするのかといった問題になります。
全く位相の違う二つを並べて提示した鳩山氏は、実際に首相となって問題を目の当たりにし、「やっぱり国外なんて出来ませんでした・・」と初めてそのことに気付いたというのでしょうか?そんな、無責任な、無鉄砲なことあるのでしょうか?
といったことが思い浮かびました。
しかし、今私たち日本人が本当に怒るべき相手はアメリカです。にも関わらず、一連の問題の中で「マスコミ」といった隠れミノに姿を隠し表に出てこない相手。私たちが目を向けるべき相手を間違っていたことに、やっと私も気が付きました。
不幸にも、鳩山氏が身を削ってきた普天間問題で、私たち国民の声が日本の政治を動かす本当のチャンスになり得たのではないかと思います。

 gon | 2010.06.03 21:00

非常にわかりやすく解説してある記事ですね。
この間の問題構造が見えてきました。

 tie | 2010.06.04 10:27

>いずれにしろ、現在の最大の課題は、鳩山政権の迷走振りを見ても明らかなように、「官僚の暴走をどう抑え込むか」という一点に絞られている。次の参院選挙でも、投票するべきは「官僚を抑え込める政党・政治家」になるだろう。
確かに、官僚の暴走振りはいい加減に誰かが歯止めをかけないとどうしようもないところまで来ているって感じますねぇ。
今後官僚の暴走に歯止めをかけてくれるような政党(政治家)となると他に誰がいるんでしょうか?

 matsu子♂ | 2010.06.04 14:07

>「官僚の暴走をどう抑え込むか」という一点に絞られている。
官僚もそうですが、マスコミの暴走も抑える必要があるとおもいます。
官僚とマスコミの暴走の性質は違うように思えてなりません。
今後も追求していきたいテーマの1つです。

 エクスカリパーで日本を斬る!! | 2010.06.10 17:43

「I Love 鳩山」鳩が増えれば平和になる(´ω`)?

 前回に引き続き、今回は「鳩山総理の評価」をしたい。
「EDAJIMAがあと10人いたら、アメリカは日本に負けていた」(男塾ネタ)
 ・・・で…

 hermes bags denmark | 2014.02.02 16:18

hermes bags winter 2013 日本を守るのに右も左もない | 鳩山は、なぜ辞任したのか? ~後ろ盾を失い官僚組織に抱きこまれた鳩山政権~

Comment



Comment


*