2008年01月29日

イスラエルの「キブツ」って何?

pre_israel_people.jpg
(画像は「ヘブライの館2」さんからの引用です)
イスラエルには「キブツ」という共同体社会があります。まず、このキブツという社会はどういうものなのか?
以下は、ウィキペディアからの引用です。

キブツは、イスラエルの集産主義的共同体である。他の国にも共同社会的な事業形態はあるが、イスラエルでキブツが果たしたほどの重要な役割を持った自発的な集産主義的共同体は、他にはない。イスラエルのおける彼らの重要性はイスラエルの建国にまで遡ることができ、また現在でも重要な存在である。
社会主義とシオニズムが実際的な労働シオニズムの形で結合したキブツは、イスラエル独特の社会実験であり、歴史上最大の共同体運動のひとつである。キブツは独立した農業経営がまだ現実的ではない時期に設立された。共同社会での必要性にかられて、あるいはユダヤ教的、社会主義的なイデオロギーに突き動かされ、キブツの構成員は全世界の興味を引きつける、共同社会的な生活様式を発達させた。キブツは数世代のあいだ理想郷的な共同体であったが、現在のキブツの多くは、設立当初はキブツがまったく異なる選択肢と考えていた、資本家企業や普通の町とほとんど変わらない。
キブツはイスラエルの人口比率からすると考えづらいほど多くの軍指導者、知識人、政治家を輩出している。キブツの人口はイスラエル全体の7%を超えたことがない。しかし、イスラエル人にとっても、外国人にとっても、他のどのような施設にもまして、キブツはイスラエルを象徴するものとなった。

これだけでは少しわかりにくいですね。このキブツが何故、何の目的で作られたのか?その設立過程を追ってみると、ロスチャイルド家によるイスラエル建国の歴史につながるようです。
続きの前に、ポチポチお願いします!

にほんブログ村 政治ブログへ


以下は、ヘブライの館さんからの引用です。

イスラエル建国の父にして大慈善家・大資本家として知られるモーゼス・モンテフィオーレ。
彼はヨーロッパの金融王ネイサン・ロスチャイルドの義兄弟であった。
そしてもうひとりのイスラエル建国の父は、ずばりフランス・ロスチャイルド家のエドモンド・ロスチャイルドであった。
彼らは、東欧系ユダヤ人(アシュケナジーム)をパレスチナに入植させるために資金を提供して力を尽くし、イスラエル建国の種をまいたのである。

(中略)

ロスチャイルド家のイスラエル建国への働きかけ(パレスチナの利権獲得)は、第一次世界大戦終結と同時に急速に高まる。
ロスチャイルドを含む数人の有力なユダヤ人は、第一次世界大戦終結の際、敗戦国ドイツに課せられた条約の文言を任せられた。条約により、ロスチャイルド家はドイツが所有していたパレスチナ(トルコの領土)の「鉄道権」を得た。また、ロンドンのロスチャイルド家は、トルコ共和国に貸し付けを行なっており、その額は1億ポンドに迫るものだった。第一次世界大戦後、敗戦国側だったためにトルコ政府が崩壊すると、ロスチャイルド家はそのトルコに対する貸し付けの未払いを理由に、パレスチナに対する権利を要求した。このようにしてロスチャイルド家は、パレスチナに関する方針を押し通す確実な手段を得る道を開いたのである。

また、ロンドンのロスチャイルド家はイギリス政府内の代理人を通して、イスラエル建国へとつながる階段を強固に築いた。
第一次世界大戦後、イギリスはパレスチナに対する「委任統治権」を与えられたが、政府はロスチャイルド家の命ずるところに従った。1917年11月2日、イギリス外相バルフォアは、ロンドン・ロスチャイルド家のライオネル・ロスチャイルド宛に、「イギリス政府はパレスチナでのユダヤ人の国家建設を支持し、努力する」事を確約した書簡(手紙)を出したが、これが有名な「バルフォア宣言」である。

この「バルフォア宣言」は書簡形式をとっているが、この叩き台をつくったのはシオニズム運動の世界的指導者ハイム・ワイツマンとライオネル・ロスチャイルド自身で、彼らは既に1917年7月18日の時点で宣言の「草案」をバルフォアに手渡していたのである。
(ちなみに、この段階で入植地に提供された資金は170万ポンドに達していたが、そのうちの160万ポンドはライオネル・ロスチャイルド自身のポケットマネーであった)。

パレスチナへのユダヤ人の入植活動は、ハイム・ワイツマンの指揮下で行なわれた。
パレスチナのユダヤ人入植地は、1900年には22であったが、1918年には47まで増えた。
1909年には「キブツ」と呼ばれるユダヤ人の集団農場が作り始められ、ユダヤ人の町「テルアビブ」ができた。

このパレスチナへの入植活動には、当然、多くの資金が必要とされた。しかし、それは心配する必要がなかった。
なぜなら、パレスチナで活動していたユダヤ人たちに、「匿名の寄贈者」というサインの付いた「小切手」が送られていたからだ。
この膨大な資金によって、続々とユダヤ人たちがパレスチナに入植し、その金によって住宅、学校、農業地を購入することができたのである。またその資金援助によって、その地で採れるあらゆる農作物が当時の世界市場よりも高く買われ、全収穫物が毎年買い付けられるということが行なわれた。
後にこの「匿名の寄贈者」の正体は、フランス・ロスチャイルド家のエドモンド・ロスチャイルドであったことが公にされた。(フランスとロンドンの両ロスチャイルド家は、1878年以来、パレスチナの土地を買収し続けてきたのだ)。

キブツとは、パレスチナの利権(石油)獲得を目論むロスチャイルド家がイスラエルを建国した歴史の中で設立されたようです。またその背後にはロスチャイルド家による世界管理戦略があった。。。
るいネット「ロスチャイルド メモ②:1914~第一次大戦の狙い」
ところで、何故「共同体社会」を作る必要があったのか?
次はそこを追求してみたいと思います。

List    投稿者 hiroaki | 2008-01-29 | Posted in 08.近現代史と金貸し6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/01/609.html/trackback


コメント6件

 payday loans | 2013.08.21 12:49

私は、給料日ローンの貿易協会を探しています。あなたが給料日ローン1時間英国がどこにあるか知っていますか?

 payday loans online | 2013.09.03 1:28

ノーファクス給料日ローンオンラインを探しています

 car title loan | 2013.11.28 14:44

こんにちは!私の名前はカーティスBazinetと私はライス、アメリカ出身。私はコロンバスの自動車ポーンに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにエクイティオートローンジョーンズについての私のブログからのリンクを配置します。

 cna schools | 2013.11.29 20:13

こんにちは!私の名前は信子ウォイッキと私はビッグサンディ、アメリカ出身。私週目CNAプログラムについてのウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにPfのCNAプログラムについての私のブログからのリンクを配置します。

 cna license | 2013.11.30 14:31

こんにちは!私の名前はマーシャルジェマと私はTallassee 、アメリカ出身。私は、モーガンタウンウェストバージニア州のCNAのクラスに関するウェブサイトを持っている。私はあなたのブログにCNAトレーニングスプリングフィールド正日についての私のブログからのリンクを配置します。

 title max hours of operation | 2014.01.04 21:44

私は販売のためにあなたがどこに融資のタイトルの最大を見つけるを知っていますタイトルの最大の車を探しています?

Comment



Comment


*