2007年10月24日

ミャンマー問題の構造

%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%EF%BC%91.gif
去る8月、石油価格高騰に端を発したとされるミャンマーでのデモは、9月末にピークに達した。仏教僧侶や市民による反政府(軍事政権)デモ、というのが マスコミ(欧米や日本)の報道だが、その背後構造は上図!!
上図および以下の図は、この一ヶ月余で、多くのブログやるいネット、このTrend Reviewで語られた様々な状況認識を元に、より確からしい内容を、世界の支配構造の考察下、因果関係や収束関係(支配者の企図)で繋いだものである。
↓↓↓ 「続き」以降で、より広範囲な関連を押さえたい人に向けて、補足を加えた図を2点アップしてますから、是非読んでみてください!参考になれば幸いです。
「続き」を読む前にクリックお願い

にほんブログ村 政治ブログへ


最初の図で、大づかみに、背後にある力=アメリカ(やイギリス等)の企てを掴んでいただいて。。。その次は、、、
↓↓下図は、国連への関与、そして、日本で大きく報道された、日本人ジャーナリスト射殺の背景をまとめたものである。(仮説含み)
%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC2.gif
そしてさらに、この問題を考える上で欠かせない存在、つまりアメリカの支配構造に対抗する中国、ロシア勢力の動向を加え、事件の全容が一目でわかるよう、下図にまとめてみた。(さらに詳細の関係は多々あるが)
最後の図を見るお楽しみの前に、ミャンマーの略歴に、ざっと眼を通して頂きたい。ミャンマーは、過去の掠奪、支配国家に蹂躙され、今なお、食い物にされつつある、という情勢がわかるハズだ!
●ミャンマー略史

諸部族割拠時代を経て11世紀半ば頃に最初のビルマ族による統一王朝(パガン王朝1044~1287年)成立。
その後タウングー王朝、コンバウン王朝等を経て、1886年に英領インドに編入され、1948年独立。現在の人口は5000万人。
1942:英領下、ビルマ独立義勇団に日本軍が協力し英国軍を駆逐
     第二次大戦で日本劣勢→英国に寝返る→再び英領に 
1948:独立。このときの立て役者がアウンサン将軍(「ビルマ建国の父」、
     スーチー女史の父)。アウンサンは独立の前年に暗殺される
1950年代:米国・台湾が支援していた国民党軍勢力が一掃される
1962:ソ連が後押しするネ・ウィン将軍が軍事クーデター
    →ネ・ウィン独裁政治へ →経済停滞
1988:ネ・ウィン退陣と民主化要求デモ →ソ連の後押しで国軍が鎮圧
1989:アメリカの後押しによる脱貧困の軍事革命
    →ミャンマー連邦へ改名(暫定軍事政権)
    次にアメリカは、英国亡命中のアウンサンスーチーを呼び戻し、
    軍事政権と対峙させる。
1990:総選挙でスーチー率いる国民民主連盟(NLD)が大勝。
    だが、軍政は権力の委譲を拒否。
    軍政は、スーチーの背後にかつて搾取しつくされた英国の存在を知り
    スーチー勝利を否認し、自宅軟禁に。
1991:反軍政の国際世論を受け、スーチーはノーベル平和賞受賞
    しかし、スーチーと米英国が結託していることを国民は衆知
2007:燃料値上げをきっかけにした、仏教僧侶・市民による反政府デモ
    スーチー女史は「希望の星」と西側は報道。

●全体構造図
%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%EF%BC%93.gif
大きな画像で見たい人は、下をクリックして下さい!
  ↓
画像の確認
最後に、多くのブログを参照させてもらいました。参照元は、明日以降に書き込ませていただきます(ありがとうございます

List    投稿者 saken | 2007-10-24 | Posted in 未分類 | 3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/10/487.html/trackback


コメント3件

 米流時評/ysbee | 2007.12.24 4:45

cosmosさん、先日は大変失礼いたしました。
新しい記事が上がっていてほっとしました。また、拙ブログへのTBも感謝しております。
地球温暖化がグローバル経済に及ぼす影響というのは、今後の中国やロシアの覇権とも密接に関係してくるでしょうね。
当方は、中東やユーラシア方面の動きや、スパイ・陰謀・核戦争には強いのですが、経済方面は全くの「ど」のつく素人です。また秀逸なコンテンツでご教示ください。

 コスモス | 2007.12.24 14:10

ysbeeさん、失礼致しましたのはこちらです。今後とも是非宜しくお願い致します。
激動する今の世界情勢を読み解くのはとても難しく、それ故に興味深いと感じているところです。政治家や一般マスコミはすでにどうにもならんので、傍観している場合ではないな・・・と、頭を掻き掻き稚拙な文章をしたためている訳です。
世界情勢を読み解くためには、経済を知らんといかんし、国際関係も知らんといかんし、陰謀論にも踏み込まんといかんので、日々奮闘中。
米流時評さん所には新鮮でかつ貴重な情報が多いので勉強になります。
ここのところ注目しているのは、中東(イラン、イスラエル)とロシアです。火種を抱える中東情勢は突発的に世界情勢を動かすので、分析には欠かせないと感じています。全体的には和平指向なのでしょうが表層的なのが気がかり。
今、ロシアが元気そうですね。今後ロシアはどう動くのやら・・・

 spain hermes bags | 2014.02.03 9:32

birkin bag fake 日本を守るのに右も左もない | CO2排出権取引の基軸通貨はユーロ

Comment



Comment


*