2019年10月17日

自然に対する日本人の精神性~「気象兵器」は一時的な恫喝や破壊は出来ても、長期的・精神的に日本人を従属、支配する事は出来ない。

昨今の異様な大災害と、その背後に気象兵器の存在がある事はもはや紛れもない事実である。
実際、気象も地象も人工的に操作できる事は今や常識であり、その兵器転用を研究、実用化している国も一つや二つではない。

 地震や豪雨が起こるメカニズムを知れば、電磁波照射や薬品散布、物理的な発破などによって自然のバランスを崩し、短期的・局所的な異常気象や天変地異を起こせる事は容易に想像できる。
特に日本の、湿潤な気候、峻険な地形、外洋に面した長い海岸線や国土を貫く活発な火山帯は、気象兵器の標的としては打って付けである。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "自然に対する日本人の精神性~「気象兵器」は一時的な恫喝や破壊は出来ても、長期的・精神的に日本人を従属、支配する事は出来ない。"

List    投稿者 nihon | 2019-10-17 | Posted in 16.国家の支配構造No Comments » 
2019年10月15日

人工台風か?~国家は生き残るために何でもする~その2

こちらのエントリーの続きです。

今回の台風19号が人工台風ではないか、という疑惑について。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "人工台風か?~国家は生き残るために何でもする~その2"

2019年10月13日

人工台風か? ~国家は生き残るために何でもする~

 

台風19号は、東日本に大きな傷跡を残して通り去った。
堤防が崩れ、家々が流され棲家を失う。
大きな自然災害があると、人々は国家や自治体に頼らざるをえなくなる心理が働く。

images
気象庁の警告:国民一律に脅迫されているような気がしたのは俺だけか?

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "人工台風か? ~国家は生き残るために何でもする~"

List    投稿者 nihon | 2019-10-13 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2019年10月11日

関電告発文の意味 ~ 利権統合の崩壊現象 ~

原発推進は国策で進められ、2011年の福島原発事故後も日本の支配層は原発推進で一致していたはず。
しかし、関電の内部告発と見られる文書をアエラが「入手」・・・。

関西電力3億2千万円“裏金” 今年3月に出回った告発文書 アエラ

この告発文は、「吉田開発の脱税」、「森山氏への利益供与」に加え、関電の犯罪性を次のように列挙している。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "関電告発文の意味 ~ 利権統合の崩壊現象 ~"

List    投稿者 nihon | 2019-10-11 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2019年10月08日

トランプへの弾劾とは裏腹に再選が強化される

トランプへの弾劾騒ぎは、トランプが次期選挙の対立候補となるであろう民主党のバイデン前副大統領の汚職疑惑を捜査しようとしたところから始まっている。

この件だけでも、トランプを弾劾しようと騒ぎ立てているのは、CIA・ネオコンの旧勢力であることが分かる。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "トランプへの弾劾とは裏腹に再選が強化される"

2019年10月05日

現代意識潮流と近未来予測 ~追求力が制覇力 ⇒ 思考開放 ⇒事実収束~

時代がどう変るのか、どう動くかは、人々意識がどう変るかによる。
それは誰も圧し留めることはできない。
既に1970年以降時代は大きく動き、特に2011年「追求力の時代」に転換して以降、世界は大転換。今後その動きは速くなり、意識転換できない層は時代の遺物と化すだろう。

ここでは1970年~現在までの意識潮流を俯瞰した上で、2030年頃までの動きを予測してみた。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "現代意識潮流と近未来予測 ~追求力が制覇力 ⇒ 思考開放 ⇒事実収束~"

List    投稿者 nihon | 2019-10-05 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2019年10月03日

「日本の衰退、凋落」の実体は?データと実数値で検証する。

今日、日本の経済力や国際競争力は凋落の一途を辿っていると言われます。

国際情勢や社会構造の変化、教育や人材育成の問題、国際金融機関による経済や株価の操作等、その原因は多岐に渡りますが、
確かに「モノづくり・日本」に代表される、生産業の高い技術と品質、開発能力はその勢いを失っていると感じます。

 ここでは、この「日本の産業の凋落」は事実なのか。どの程度の衰退なのか。
様々な調査の結果を元に、その事実を実数値で押さえたいと思います。

もちろん、調査機関や調査方法によりその結果は左右されますし、これらはあくまで欧米調査機関による結果であり、その私権的、資本主義的な価値観をそのまま受け入れる必要はありません。
しかしデータ自体は概ね実感と整合しており、日本が置かれた現状を把握する上で有効です。
特に生産技術や研究開発の分野での凋落は、そのまま労働活力や生産力に繋がっており深刻に受け止める必要があります。

尚、以下の記事は、「SHAMELESS」さんの記事を参照、引用させていただきました。https://www.shameless1.com/

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "「日本の衰退、凋落」の実体は?データと実数値で検証する。"

List    投稿者 nihon | 2019-10-03 | Posted in 04.日本の政治構造No Comments » 
2019年10月01日

海軍極秘文書 発見される。海軍は、二・二六事件を事前に把握していながら放置した。やはり海軍+天皇は、意図的に負け戦に突入し属国への道を選択した。

海軍極秘文書が発掘され、海軍は二・二六事件、陸軍青年将校の反乱がおこることを事前につかんでいながら放置したことが明らかになった。8月半ばにNHKで放送されましたが、その紹介HPより引用です。https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190815

>今回NHKは、あの歴史的事件の一部始終を記録した「極秘文書」を発掘した。1936年2月26日、首都・東京の中枢で首相や大臣が襲撃された、近代日本最大の軍事クーデター「二・二六事件」。

これまで、事件に関する主な公的記録は、完全非公開で“暗黒裁判”と言われた陸軍の軍事裁判資料とされ、事件をリアルタイムで記録した1次資料はなく、多くが謎とされてきた。事件から83年がたった今、見つかった「極秘文書」によって、青年将校たちの反乱と、その鎮圧にいたる「4日間」の詳細が明らかとなったのだ。

文書を密かに記録していたのは海軍。事件発生直後から現場に解き放った「調査部隊」や、密かに設置された「見張所」からまさに分単位で緊迫の状況を記録していた。陸軍の幹部が事件の裏で行っていた知られざる会談や、海軍が、反乱を超えた大規模な内戦まで想定して備えていたことなど、文書に残されていた「新事実」の数々に、解析に当たった専門家も息を呑んだ。<以上引用

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "海軍極秘文書 発見される。海軍は、二・二六事件を事前に把握していながら放置した。やはり海軍+天皇は、意図的に負け戦に突入し属国への道を選択した。"

List    投稿者 nihon | 2019-10-01 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2019年09月28日

頭脳支配 ~特定利益集団が占拠・誘導する日本~

当たり前に報道されている消費税や五輪やリニア。
でも必要性や何のため?と突き詰めていくといろんな疑問がわいてくる。
背後に学者やマスコミを使って巧妙に世論形成・当たり前のような空気を作り出し、自分の懐に利益誘導していく連中がいるのが見えてくる。
・・・そんな世論・空気に騙されていませんか?

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "頭脳支配 ~特定利益集団が占拠・誘導する日本~"

List    投稿者 nihon | 2019-09-28 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2019年09月26日

日本人は「農耕民族」とよべるのか。~縄文精神を受け継ぐ、日本人の民族性と可能性

■生産様式による「狩猟民族」「農耕民族」

人類の諸民族は、大きく「狩猟民族」と「農耕民族」に分けられると言われます。
そしてその生産様式によって、民族の精神性、思考様式、行動規範が違ってきます。

 〇「狩猟民族」は文字通り生活の基盤を狩猟に置き、森一つの地に定住せずに小集団で移動しながら生活していたと言われています。
〇「農耕民族」は主に河川流域に住んで麦や稲を育てて日々の生活を営んできました。作物を育てるために一箇所に定住したと言われています。同時に作物や知識を独占する階層が生まれ、集団は国家へと変化していきました。

 ■狩猟民族と農耕民族の行動スタイル
一般的には、狩猟民族は勢いがあり華やか、農耕民族は計画的で控えめだと言われます。

 〇狩猟民族は自分の意見や将来やりたいことをみんなの前で堂々と発言して行動に移すことができるという特徴があります。
迅速な決断力や行動力がありますが、同時に常に失敗のリスクも伴います。
〇農耕民族は、まず計画を立ててから行動しようとします。緻密な計画は高い実効性を伴いますが、初動の遅さや即応性の低さとして現れます。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "日本人は「農耕民族」とよべるのか。~縄文精神を受け継ぐ、日本人の民族性と可能性"

List    投稿者 nihon | 2019-09-26 | Posted in 16.国家の支配構造No Comments »